オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

ホットクレンジングゲルで肌に必要な潤いを残そう!

2017.05.18

ホットクレンジングゲルは、肌に必要な潤いを残しながら、皮脂汚れを適切に落せるという特徴があります。
肌のごわつきや、クレンジング後の肌の乾燥が気になる人、また毛穴の汚れが気になる人にはメリットが多い洗顔料です。
毛穴レベルで汚れを落とせるというのがホットクレンジングゲルの最大の特徴ですが、洗った後は、オイルやベタつきが気になることなく、メイク汚れがしっかり落ちます。
メイクをほぼ全て落とせるほどのクレンジング剤はオイルや泡立つタイプがあります。落ちが良いものの中には界面活性剤を使ったものが比較的多く存在していますが、ホットクレンジングの多くはエタノールやパラベン、合成香料、シリコンフリーなどお肌に優しい成分で作られています。ここからはホットクレンジングゲルの上手な使い方とメリットについてご紹介します。

ホットクレンジングの上手な使い方とそのメリットは?

ホットクレンジングの「ホット」効果は肌に塗布して顔に馴染ませていくうちに温感がしっかりとわかる程度に温かくなるのが特徴です。皮膚の上で温かくなるということは、肌の緊張を和らげ、毛穴を開かせさらに汚れを取りやすい工夫がされているといえます。また、落ちが良いと言われているオイルタイプのクレンジングなどに比べて、まつげエクステをしていても取れる心配が少なく、更に洗いあがった後の保湿効果が高いという評価があるのもメリットと言えるのではないでしょうか。
使い方の一つの注意点として、ホットクレンジングの最大の効果を発揮するためには、乾いた手と肌で使用する必要があります。シャワーなどで水滴が先についた状態で使えば、汚れの落ちが悪くなってしまいます。その為、入浴時に使用したい場合はタオルなどで拭き取る必要があります。
また、ホットクレンジングゲルは一般的に、しっかりとしたテクスチャーの場合が多くあります。これがお肌への摩擦と負担を軽減し、肌へなじませて使ううちにマッサージ効果も見込め、温感とともに血行を促すことにもつながります。結果的に肌にも優しいといえるでしょう。
その為、使用料は少しだけではなく、各社推奨の適量が望ましいですが、肌負担を考えた場合は少し多めに使用することで軽減できます。逆に、使用量が少なければ温感効果を感じにくい上に、摩擦による負担を肌に強いることになってしまいます。

季節によって変わる?もっと効果的に使うための注意点とは?

実際に使う環境や商品に配合されている成分によって異なるものの、季節によってクレンジングゲルのテクスチャーや温かさの感じ方が異なるという口コミもありますが、原因として気温や温度によって多少変わることがあるようです。
温感効果としての成分は各社異なりますが、植物由来のグリセリンを使用している場合は、気温が低い時や乾燥して湿度が低くなる冬に関して温感を感じにくくなることもあります。
そんな時は、入浴時に使用すると風呂場の湿度と暖かさで、温感を感じやすくする工夫ができます。注意点としては、クレンジングの効果を最大限引き出す為にも前述した通り、手元と顔の水気はきちんと拭き取って使用する必要があります。逆に日本の夏場は気温が上がり、湿度も高いので温かく感じることもあるようですが、安全性には変化がないようです。

香りも楽しめる、ホットクレンジングゲルを選ぼう

ホットクレンジングゲルは香りが良いものが多く、温感効果が出てくると香りがさらに引き立って、心地よい温かさを感じながらクレンジングできるというのも魅力の一つです。より自分のお気に入りホットクレンジングゲルを探す参考になればと思います。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら