オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

間違ったクレンジングの使用は老化を加速させる?

2017.03.28

しっかりクレンジングしたつもりが、鏡でみると目の下にマスカラが滲んでいたりと、メイクが残ることはありませんか?そしてもう一度目の周りをゴシゴシとクレンジングをしていませんか?実はそれ、間違ったクレンジングなのです。間違ったクレンジングは肌の老化を加速させてしまう恐れがあります。 関連コラム:クレンジングと洗顔のお肌への負担を考えよう

オイルクレンジングは負担が増える

間違った方法でクレンジングオイルを使用し続けていると、肌への負担が大きく、結果的に肌の老化を招いてしまいます。
クレンジングオイルにミネラル由来のオイルが含まれていると、メイクを落とす洗浄能力は高くなります。しかし、滑りがよいからとマッサージをしてしまうと、摩擦により肌を痛めたり、肌に必要なうるおいまで落とし、乾燥肌を招いてしまったりと気をつけなければいけないことが多いのです。
もちろん正しい使い方をすれば、問題はありません。
クレンジングオイルは油。洗い流すのは水。水で油を流すために必要なのは「オイルの乳化」です。オイルに水を混ぜると白くにごる現象のことです。クレンジングオイルには界面活性剤という汚れと結びつく成分が多く含まれています。そして乳化により界面活性剤を水となじみやすくして、お化粧を落としています。この界面活性剤が肌に触れる時間が長いと、肌の常在菌まで一緒に除去してしまい、肌質によっては肌のバリア機能を低下させ、老化を早めてしまいます。エイジングケアの観点から、オイルクレンジングは取り扱いに注意が必要な方法でしょう。

▷エイジングケアについてはコチラから

対策として界面活性剤の入っていないクレンジングゲルを使う方法があります。このクレンジングゲルには、界面活性剤だけでなく、乾燥を引き起こすアルコール成分も含まれていません。さらにはコラーゲンなどの美容成分が含まれているものが多々あるので、エイジングケアができるクレンジングです。またクレンジングゲルの中には、ホットクレンジングゲルという肌にのせると、じんわり温かく感じるものがあります。温かくなることで毛穴が開き、皮脂や汚れが落としやすくなります。肌を温めると、新陳代謝を高めることにもつながるので、エイジングケアにもおすすめです。

クレンジングゲルで肌に優しい洗顔を

クレンジングゲルは美容成分を配合しているものも多く、エイジングケアとしても使うことができます。保湿はもちろん、毛穴を引き締めたり、常在菌を活性化したり、基礎化粧品のブースターとなる効果を発揮するものがあります。また、ダブル洗顔不要なクレンジングゲルを使うと、肌の保湿に効果的です。ダブル洗顔をすると、肌の水分量が減少、乾燥を招きます。肌が乾燥することで、しわ・たるみ・くすみなど肌の老化を繋がってしまうのです。年齢肌の対策としてダブル洗顔不要のクレンジングゲルは有効のようです。特に、しわができる原因は、乾燥、コラーゲン不足、摩擦、活性酵素、紫外線等なので、気になる方はクレンジングゲルを試してみてはいかがでしょうか。

また、クレンジングゲルには水性と油性のものがあり、実は水性ゲルにもオイルインとオイルフリーがあります。これは自分に合うものを選ぶと良いでしょう。オイルフリーの水性クレンジングゲルは、マツエクをしている方やナチュラルメイクの方におすすめです。オイルインのものは、さっぱり感とメイク落ちのバランスが取れているものになります。油性クレンジングゲルはしっかりメイクを普段されている方におすすめです。

まとめ

クレンジングゲルは、クレンジングオイルのデメリットをカバーし、さらには肌の老化対策として、とても期待できるということがわかりました。肌への負担が少ないので、日々のエイジングケアとしてクレンジングゲルを使うことをおすすめします。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら