口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】


口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

メインビジュアル

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

1位

ドクターシーラボ
VC100ホットピールクレンジングゲル

商品画像1位

メイク落ち
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
毛穴汚れ落ち
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
エイジングケア
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
低刺激
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星

エイジングケアで肌を本来の明るさに導く、
美容液クレンジング

大人気のドクターシーラボVC100シリーズからクレンジングゲルが登場。肌に馴染ませるとじんわりあたたまる温感ゲルが、メイクも毛穴汚れもしっかり浮かせて落とします。ビタミンC誘導体が肌内部に潤いを与え、92.6%配合の美容成分が、年齢肌のあらゆるお肌トラブルに働きかけ、これ一本で、クレンジング・洗顔・エイジングケアが可能です。

2位

FANCL
マイルドクレンジング ジェル

商品画像2位

メイク落ち
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
毛穴汚れ落ち
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
エイジングケア
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
低刺激
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星

肌をいたわる、潤いたっぷりぷるぷる
クレンジングジェル

やわらかくみずみずしい優しいテクスチャーのジェルが、マッサージ効果でお肌をいたわりながらメイクと馴染みます。毛穴の汚れともよく馴染み、くすみのないクリアなお肌へ導きます。洗い上がりはつっぱることなく、しっとりとした仕上がりです。手が濡れていてももちろん大丈夫。特に軽いメイクの方におすすめです。

3位

DHC
DHC薬用ディープクレンジングオイル

商品画像3位

メイク落ち
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
毛穴汚れ落ち
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
エイジングケア
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
低刺激
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星

クレンジング力に圧倒的評価!
オイルなのにべたつきのないすべすべの仕上がり

軽いタッチでお肌を撫でるだけで、メイク汚れも毛穴汚れもぐんぐん溶かして浮き上がらせます。オイルなのに水との馴染みもよく、うるおいだけキープして、べたつきやぬるつきの残らないすべすべなお肌に仕上げます。オリーブバージンオイルを贅沢に使用したお肌に優しいクレンジングオイルです。

4位

ちふれ
クレンジング ジェル

商品画像4位

肌にのせるとジェルがオイルに変化し、
さっと馴染む優しいクレンジング

くるくるとお肌に軽く広げていくと、ジェルがオイルに変化。なめらかにお肌に馴染み、メイク汚れをすばやく落とします。無香料・無着色・ノンアルコールで敏感肌の方にも安心してご使用いただけます。コストパフォーマンスが抜群に高く、広い世代に人気のクレンジングアイテムです。

5位

ALBION
エクサージュ スムース クレンジングオイル

商品画像5位

しっとりとした洗い上がりで、
まるでスキンケアの感覚

成分にとことんこだわり、お肌へのやさしさを追求したALBIONシリーズのクレンジングオイル。メイク汚れを素早く浮かして、クリアなお肌へ導きます。しっとりした洗い上がりが特徴で、乾燥が気になる方でもつっぱることなくご使用いただけます。オールシーズンおすすめのクレンジングアイテムです。

クレンジングゲルとは

クレンジングゲルとは何かご存知でしょうか?タレントやモデルなど芸能人の愛用者も多く、ブログなどでもよく取り上げられる今話題の「クレンジングゲル」。もちろん、メイク落としとして、さらには角質ケアとして、広い世代から人気のクレンジング化粧品です。
あなたは毎日のクレンジングに何を使っていますか?クレンジングオイル?クレンジングリキッド?コールドクリームやふき取り化粧水、乳液(ミルク)タイプ、あるいはシートタイプなど多種多様なクレンジング化粧品の中でも最も新しいクレンジング化粧品と言えるのがこの「クレンジングゲル」。
クレンジングゲルは、ジェルよりも弾力や粘り気のある少し固めの肌触りが特徴です。マッサージにも効果的で肌の新陳代謝を上げターンオーバーを促す効果も期待できます。クレンジング化粧品は洗浄力が高く、お肌の潤いに必要な油分や水分などを洗い落としてしまうこともありますが、クレンジングゲルは必要な油分や水分を残し、うるおいのあるしっとりとした洗い上がりで乾燥させない効果があります。このページではオイルタイプやリキッドタイプとの違い、クレンジングゲルの使い方やクレンジングゲルの美肌効果・役割などをご紹介します。

詳しく見る

クレンジングゲルの正しい使い方

クレンジングゲルが気になっている人にむけて、さらに詳しくクレンジングゲルのことをご紹介しています。このページでは今クレンジングゲルを使用している人にも耳寄りな「クレンジングゲルの使い方」について解説します。
クレンジングゲルの美肌効果以外に、その使い方も知りたいですよね。クレンジングゲルを実際に使用するにあたって、一回の使用量から、使用手順、クレンジングのポイントや効果的なクレンジングまで詳しくご紹介。まさに「クレンジングゲル」の教科書のように、その使用方法を説明します。今クレンジングゲルを使っている人で残念ながら効果を実感できない人はもしかしたらその使い方が間違っているのかもしれません。
クレンジングゲルは水性タイプと油性タイプがあり、水性タイプの場合、アイメイクや全体的に濃いメイクの場合はメイクが落ちにくいので、クレンジングゲルだけでは汚れを落としきれず肌に汚れが残ったままになることも!汚れを落としきらないまま化粧水や美容液、乳液などでスキンケアをしてもそのスキンケア化粧品の効果を得ることは難しく、またメイクが残ったままほっておくと色素沈着の原因になる場合もあります。
この場合は他のクレンジング化粧品(アイメイクの場合、ポイントリムーバーなど)と併用することをお勧めしています。美肌づくりには化粧水乳液などの基礎化粧品で肌にうるおいや栄養を与えることだけでなく、クレンジングで汚れを丁寧に落としてあげることも同じくらい大切なことです。是非この機会にクレンジングの正しい方法を覚えて、つやつやの美しい肌を目指しましょう!

詳しく見る

クレンジングの種類


クレンジングとは、メイクなどの油溶性の汚れを落とすためのものです。そのためメイクをしたり、日焼け止めなどを塗った日は必ずクレンジングをする必要があります。油性の汚れは水で洗い流そうとしても、油が水を弾いてしまうので、なかなか落とすことが出来ません。クレンジングには、界面活性剤という水と油分をなじませるための成分が含まれています。この界面活性剤が含まれている量によって、メイクなどの汚れを落とす力やクレンジング料の形状などが変わるため、種類がいくつかあります。それらの選び方や使い方を間違ってしまうと肌荒れを助長させてしまうこともあります。しかし逆に正しい方法を続けていれば化粧落としとしてはもちろん、肌への刺激を少なくしスキンケアにもなります。そんなクレンジングの種類と選び方のポイントをご紹介します。クレンジングの基本となる種類について知っておくことで自分がどんなものを選べばいいのかのヒントとなります。よく調べておくとよいでしょう。

◎オイルクレンジング

オイル状のクレンジングで、オイルとメイクをなじませ、白く乳化をさせてから落とします。比較的クレンジングの中でも濃いメイクもスッキリと素早く落とすことができ、洗浄力が強く、さっぱりとした使用感が特徴です。そのため、濃いメイク、ウォータープルーフの日焼け止めやウォータープルーフファンデーション、リキッドファンデーションなどをした日などに使用するのがオススメです。しかしクレンジングの中でもオイルタイプは肌に悪いという印象が強く、実際にクレンジングオイルの使用による乾燥などの肌トラブルを体験している人も多いようです。 しかし、使用方法をきちんと守ればしっかり化粧を落としてくれる優秀なクレンジングとなります。まず手や顔を濡らすことは禁物です。かといって流す直前までオイルのみで落とすというわけでもありません。少量の水をなじませることで肌トラブルを軽減してくれます。これを乳化といいます。流す前にオイルが水と混ざって白くなるくらいに乳化させてから洗い流しましょう。              

◎ジェルクレンジング

ジェル状のクレンジングで、テクスチャーが柔らかいので、メイクとなじませる際に肌への摩擦を軽くすることができます。使用感は、オイル状と同じくさっぱりとしています。ジェルクレンジングのなかでも2種類に分けられ、オイルフリーのタイプとオイルインのタイプがあります。オイルフリーのタイプは、マツ毛エクステのグル―を溶かす成分が少ないので、マツ毛エクステをしている方でもお使いいただけます。オイルインのタイプはメイクを落とす力がオイルフリーより強いので、メイクが濃いときにはオイルインのクレンジングを使用するのがオススメです。              

◎クリームクレンジング

ミルクをベースにしたクレンジングです。オイルクレンジングなどに比べるとメイクを落とす力は和らぎますが、潤いを残しながらメイクを落とせます。パウダーファンデーションやフェイスパウダーなどを使用したナチュラルメイクの日にオススメのクレンジングです。まだ肌には優しいですが、化粧を落とす力はオイルに比べて低いことが難点といえます。濃いメイクをした日や落ちにくいときにはクリームだけで落とそうとせずに、ポイントリムーバーを使用するなりの工夫が必要です。オイルとくらべて保湿効果があるため乾燥についてはさほど気になりませんしむしろしっとりと感じるでしょう。しかし洗顔後のケアは怠らないように注意しましょう。              

◎ミルククレンジング

クリーム状のクレンジングです。クリームがクッションとなり、肌への摩擦を抑え、必要な潤いを保ちつつ、メイクを落とすことができます。パウダーファンデーション・リキッドファンデーションなどを使用した通常の濃さのメイクであれば落とせるので、乾燥などが気になる方にオススメのクレンジングです。オイルやクリームが油分を多く含むのに対しミルクは水分量が多く保湿効果があります。洗浄力が低いとはいえメイクオフの力はあるのでナチュラルメイクをした時や肌荒れがきになるときにはミルクで十分でしょう。刺激が弱いので敏感肌や乾燥肌のかたは1つは持っておきたいですね。              

◎リキッドクレンジング

非常に洗浄力が強いのがリキッドです。かなり濃いメイクも落とすことができます。クレンジングに比べて油分は少ないですが界面活性剤が多く含まれているためメイクオフの効果が強いのです。オイルやクリームは水で洗い流しますがリキッドはコットンなどで拭き取るだけで洗い流す必要がないのです。急いでいるときなどは気軽に落とすことができるため便利かもしれませんね。クレンジングオイルに比べて仕上がりがベタベタしないことも特徴です。              

◎ゲルクレンジング

クレンジングゲルの特徴は粘性のあるテクスチャです。ジェル状に固まっているのですが、多くのものはリキッドが固まっています。リキッドでそのままメイクオフをする時と異なるポイントは肌への摩擦を少なくすることができる点です。しっかりメイクは落ちるのに肌への負担を軽減できるためいいとこどりなのがクレンジングゲルです。              

間違ったクレンジングをしていませんか?

             

毎日の化粧落としをなんとなくで済ましていませんか?ちょっと面倒だなと思ってしまいがちなクレンジングですが、正しいやり方や選ぶ商品によっては、肌の悩みをさらに深刻にしてしまうことがあるので、注意が必要です。適当にゴシゴシするような化粧の落とし方を毎日続けてしまうと、シワやシミ、黒ずみ、乾燥肌などに繋がってしまうこともあります。では、正しいクレンジングの仕方を今回ご紹介します。
             

◎正しいクレンジングの方法

①優しくこすらず落とす
手にはさまざまな菌がついています。その手で顔を洗うと、肌トラブルに繋がってしまうので、衛生面にも注意してまずは手をきれいにしましょう。そしてメイクの汚れは、優しくこすらず落としましょう。しっかり落とそうとしてゴシゴシこすってしまうと、逆効果で摩擦で肌に負担がかかってしまいます。指先で優しくなじませながら、メイクや汚れを浮かせてあげましょう。皮脂が出やすいTゾーンから落とすのがおすすめです。次にメイク落としの量も意識してみてください。メイク落としの量が少ないと、肌をこすることで摩擦が生じてしまい、肌への負担となってしまします。

②ポイントメイクは専用のリムーバーで先に落としておく
落としにくいマスカラなどアイメイクや口紅などは、顔全体の化粧を落とす前に、先に落としておくのがおすすめです。ポイントメイクは、ウォータープルーフなどのアイテムも多いので、顔全体の化粧落としで一緒に落とそうとすると、落とすのに時間がかかったり強くこすってしまうことがあるためです。目元や口元の皮膚はとても薄いため、ゴシゴシ洗ってしまうと大きな負担となってしまいます。目元や口元は、専用のポイントリムーバーなどで先に落としてあげると良いでしょう。

③ぬるめのお湯ですすぎましょう
メイク落としをすすぐときは、30~32度くらいのぬるめのお湯ですすぐのがおすすめです。熱いお湯ですすいでしまうと、肌を守るために必要な油分まで落ちてしまい、乾燥しやすくなってしまうことがあります。すすぐときのお湯の温度にも注意してみてください。

④すすぎはしっかりと!
メイクをしっかりと落とすことと同様に、すすぎもしっかりと行うことが大切です。メイク落としなどのすすぎ残しがあると、肌のかゆみや乾燥などに繋がってしまうことがあります。また、顔に直接強い水圧のシャワーをあてると、刺激になる場合もあるので注意が必要です。ぬるま湯を手の平にとり、顔に優しく当てるようにして、しっかりとすすぎましょう。
             

最近人気のホットクレンジングの秘密

クレンジングは美肌の基本です!きちんとメイクなどの汚れを落としてきれいな状態にしておくことは、スキンケアをする前の大切な肌準備です。もし、化粧ノリが悪い、肌にごわつきを感じる、角栓や黒ずみが気になる…そんな悩みがあるなら、それはクレンジングがきちんとできていないことが原因かもしれません。オイル、ミルク、クリーム、拭き取りタイプ…クレンジング剤は様々な種類がありますが、中でも最近人気なのがホットクレンジングです。実はこのホットクレンジング、メイクを落とすだけではなく、毛穴ケアや角栓ケアまでしてくれるのはご存知でしたか?
では、そんな温感化粧品ですが、温感の正体は発熱成分をもつグリセリンなのです。そもそも保湿性も強いグリセリンは、化粧品や医薬品に含まれていることが多いものです。化粧品の場合、原料はヤシ油、バーム油などの植物由来のグリセリンが主流です。グリセリンの使用感は、しっとりした質感、伸びやすく滑りやすくするという特徴があり、皮膚から水分が逃げていく量を抑えてくれたり、角層に水分を保つという特徴があるため、保湿性が優れています。また、グリセリンが温かくなる仕組みは、水と混ざったときに発熱する性質を持っていることからです。ホットクレンジングを肌に塗り、表面の水分と混ざることで温感を感じるという仕組みです。              

◎ホットクレンジングのメリット

①毛穴の汚れが落ちやすくなる
ホットタオルを顔に当ててから、クレンジングをするという美容方法はご存知だと思いますが、肌の表面を温めることで、毛穴が開き、皮脂や黒ずみ、古い角質、メイク汚れが浮きやすくなります。つまり、しっかりと汚れを落とすために、温感がクレンジングにとても効率的な働きをしてくれるというわけです。             

②肌に必要な潤い成分を守ってくれる
メイクが早く落ちるクレンジング剤は、洗浄力が強いため、肌撮って必要な保湿成分や皮脂まで取り除かれてしまうこともあります。しかし、温感クレンジングの場合、肌を温め、汚れを浮かしてくれるので、強すぎる洗浄がなくても、優しい洗浄力で汚れだけを落としてくれるのが魅力です。             

③美容成分を肌に浸透しやすくなる
温感によって肌が柔らかくなると、その後の基礎化粧品に含まれる美容成分が浸透しやすい状態になります。化粧水やクリームの美容成分の効果を最大限に引き出すためには、肌の柔軟性はとても大切です。温感によるマッサージで血行促進されれば、肌のツヤやハリのアップも期待できるので、肌を温めておくとよいでしょう。             

朝クレンジングの効果とコツ

最近うわさの朝クレンジングについてご紹介します。クレンジングと聞くと、化粧を落とすことだと思いますよね。1日肌にのせていたファンデーションやアイメイク、口紅などを専用のクレンジング剤できれいに落とすのが毎日の日課という人も少なくないと思います。肌への負担となるメイクは、1日の終わりにはきれいに落として肌を清潔にしたいものです。ところで、そもそもクレンジングって何でしょう。クレンジング剤とは不要な油分を根本から落とすことができるのが特徴です。ではメイクもしていないのに朝クレンジングはなぜ必要だといわれているのでしょうか。
朝クレンジングの目的は、メイクではなく前の晩に使った基礎化粧品や寝ている間に分泌された皮脂などを落とすことにあります。夜使った基礎化粧品の中には、保湿に必要な油分が含まれています。その油分は、睡眠という長い時間、何のお手入れもされず肌についたままの状態です。同時に皮脂も分泌され、それらは徐々に分解されて肌にとっては必ずしもよいものではない物質へと変化するといわれています。そこで、朝クレンジングが必要となってくるのです。朝洗顔の前にクレンジングをすることでこれらの皮脂汚れがきちんとリセットされ、透明な美肌へと導いてくれるというわけです。また、そのあとの化粧ノリも良くなるので、たまに朝クレンジングするのはおすすめです。
朝のクレンジング方法ですが、朝クレンジングは夜クレンジングと違って、メイクを落とす必要はありません。あくまでも基礎化粧品や皮脂汚れを落とすことを目的としていますので、夜と同じような強い洗浄力を持ったクレンジング剤を使うと逆に油分を落とし過ぎて肌は乾燥し、トラブルの原因となってしまいます。そのため、朝のクレンジングは夜とは別の洗浄力の低いクレンジング剤を選ぶことが大切です。
             

◎洗浄力の低いクレンジング剤を使いましょう

一般的にウォータータイプやクリームタイプのクレンジング剤は、洗浄力が比較的弱めといわれています。逆にオイルやリキッドタイプは、メイクや皮脂と馴染みやすく洗浄力も強いものが多いです。購入する前によく確認して、朝の肌に優しい少し弱めのクレンジング剤を選ぶことで肌のトラブルを防ぐことができます。              

◎朝クレンジングは2~3日に1回のペースでOK

朝クレンジングは毎日続ける必要はありません。むしろ毎日続けると油分を取りすぎて乾燥によるトラブルや、肌のターンオーバーを妨げてしまうことがあります。特に乾燥肌の方が頻繁に朝も夜もクレンジングすることは、より乾燥肌にしてしまう可能性もあるので注意が必要です。いつもよりケアを多めにした日の翌朝などは、朝クレンジングするのがおすすめです。              

当サイトについて

・リンクについて

当サイトはリンクフリーです。
ただし、当サイトをリンクにて掲載しているサイト内の文章や画像、およびその他コンテンツの正確性・信憑性については、当サイトが保障するものではありません。

・免責事項

当サイト上の文章や画像、およびその他コンテンツの内容には、万全を期していますが、万が一当サイト上の情報によりお客様に不利益が生じても、当サイトでは一切の責任を負いません。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら