オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

肌荒れ防止は洗顔後のケアよりクレンジングゲルの優しい洗浄が重要 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

肌荒れ防止は洗顔後のケアよりクレンジングゲルの優しい洗浄が重要 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

肌荒れ防止は洗顔後のケアよりクレンジングゲルの優しい洗浄が重要

2017.03.02

肌がカサカサしたり、赤みを帯びたり、ニキビや湿疹ができたりする……。こうした状態を「肌荒れ」と言います。見た目が良くないだけでなく、化粧乗りも悪くなります。肌荒れは、生活の乱れや栄養不足、女性ならホルモンバランスの乱れも原因になりますが、間違ったスキンケアでも起こります。特にクレンジングは最も肌に負担をかける行為です。

メイクをするなら、クレンジングは欠かせません。時間が経つにつれて、メイクは皮脂や汗、ちりやホコリなどの汚れが混じり合い、酸化します。そのままにしておくと毛穴に詰まってニキビになったり、肌のターンオーバーを妨げたりするので、やはり肌には良くありません。

けれどもクレンジング剤に含まれる「合成界面活性剤」は、メイク汚れだけでなく必要な皮脂まで落とし、タンパク質を溶かしてしまいます。その結果、保湿能力が低下して水分が失われるだけでなく、肌のバリア機能が衰えて外部からの刺激に弱くなってしまうのです。

さらに、カバー力の強いメイクや日焼け止めを落とすために、ゴシゴシこすると肌を傷めてしまいます。こうなると洗顔後に保湿しても気休めに過ぎず、根本的な解決にはなりません。 関連コラム:クレンジングゲルで角栓除去|すっきりしたお肌を作ろう

■クレンジングゲルが肌荒れに優しい理由

肌荒れしている時は、クレンジングしないのが一番ですが、まったくメイクをしないわけにはいきません。すっぴんで外出すると紫外線の影響をダイレクトに受けてしまいます。できるだけ肌に負担をかけないクレンジング剤を選び、正しく使用することが大事です。

一般的に汚れを落とす力が強いのは、シートやオイルです。これらは、そんなに力を入れたり、時間をかけたりしなくても、簡単にメイクを浮かせたり、洗い流せたりします。その代わり、合成界面活性剤を多く配合しています。

逆にミルクやクリームタイプのクレンジング剤は、合成界面活性剤が少なく、そのテクスチャーによって肌への負担も抑えられますが、汚れを落とす力は弱めです。しっかりメイクだと肌に残ってしまい、その後の洗顔が過剰になる恐れがあります。

その点クレンジングゲルであれば、汚れを吸着する性質があるので、合成界面活性剤の使用を抑えられます。肌になじみやすく、ゴシゴシこする心配もありません。負担をかけずにメイクをしっかり落としたい人向けと言えます。

■肌荒れを防止するクレンジングのコツ

メイクはすべてが均一ではなく、目元や口元など強調したい部分は盛る量が多くなりがちです。濃い方に合わせてクレンジング剤を選ぶと、ベースメイクをしている部分の負担になり、薄い方に合わせるとポイントメイクが落ちません。クレンジングゲルを選ぶなら、別にポイントメイク用のリムーバーを用意して使い分けると、肌の負担が軽減されます。

クレンジングゲルは、メーカーが推奨する量を使い、固い時は手のひらで温めてから顔につけます。ケチったり、固いままだったりすると摩擦の原因になります。
十分になじませて、メイク汚れが浮かんできたら、ぬるま湯で白っぽくなるように乳化させます。これで簡単に洗い流せるようになるのです。ここまで1分を目安に済ませれば、合成界面活性剤の影響を少なくできるでしょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら