オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

クレンジングゲルとオイルはどっちがにきびになりやすい? |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

クレンジングゲルとオイルはどっちがにきびになりやすい? |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

クレンジングゲルとオイルはどっちがにきびになりやすい?

2017.03.02

にきびができた時は、クレンジングをしない方が良いと言われています。けれどもメイクをしている限り、クレンジングは必要です。メイクが残ったままだと、やはりにきびを悪化させてしまいます。 関連コラム:クレンジングゲルにはエイジング効果が?

■クレンジングでにきびになる理由

クレンジングでにきびになるのは、いくつか原因があります。油分を含んでいるため肌に残りやすく、ベタついたりニキビを悪化させる「アクネ菌」の栄養になったりします。メイクとなじませる時に肌をこするため、表皮を傷めてしまいます。さらに合成界面活性剤が皮脂や角質を必要以上に取り去るので、バリア機能が低下します。

その結果、肌から水分が失われてゴワつくようになり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。そこにアクネ菌が繁殖して皮脂が酸化すると、炎症を起こしてにきびになるのです。ただし、にきびのできやすさは何を使ってクレンジングするかによって異なります。例えば、クレンジングゲルとオイルなら、オイルの方がリスクは大きくなります。

■にきびになりやすいオイルの欠点とは?

クレンジングオイルは、その半量以上がミネラルオイル(鉱物油)や植物性オイルなどの油分です。それだけ化粧品とのなじみが良く、ミルクやクリームなど他のタイプに比べると効果は抜群です。濃い目のメイクも簡単に落としてくれます。

その反面、サラサラしたテクスチャーなので、なじませるために自然と肌をこする回数が多くなります。また油分を水で洗い流すには、必然的に合成界面活性剤の量を多くしなければいけません。

そこまでしてもオイルはベタつきが残りやすく、すすぎやその後の洗顔が過剰になりがちです。けれどもベタつきがあるのはオイルやメイク汚れが残っている証拠なので、そのままにしておくと肌には良くありません。オイルのこうした性質がにきびをできやすくします。

どうしてもオイルを使わなければいけない時は、メイクとなじませた後の「乳化」が大切です。これは、ぬるま湯を含ませることでオイルが白っぽくなる現象です。メイク汚れやオイルが水分に浮いた状態となり、その後のすすぎで肌に残さず流せるようになります。

■クレンジングゲルの選び方と注意点

一方のクレンジングゲルは、メイク汚れを落とす力こそオイルに劣りますが、肌への吸着性が優れているので、そんなにこすらなくても化粧品となじんでくれます。オイルフリーのクレンジングゲルであれば、油分を含みません。 汚れを落としつつニキビを防ぐには、正しい使い方を覚えましょう。まず、クレンジングゲルを使う時間を短くするために、あらかじめポイントメイクを専用のリムーバーで落としておきます。こうしておけば、落ちなくてゴシゴシこする心配もありません。

クレンジングゲルは手のひらで十分に温めてから使います。これはゲルの水分を蒸発させて肌のなじみを良くするためです。最近では顔に乗せると温かく感じるクレンジングゲルもあります。手のひらは乾いた状態にして、入浴中に使う場合も顔や手のひらの水分は拭いておきましょう。メーカーが推奨する量を守れば、摩擦を軽減できます。

最後にぬるま湯で乳化させるのはオイルと同じで、丁寧に少しずつ流すのが汚れを残さないコツです。これで次の洗顔を簡単に済ませられるでしょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら